×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Home足裏の違和感 症状と原因

足裏の違和感 症状と原因

◇この足裏の違和感、何が原因なの?

足裏の違和感には色々な原因が考えられますが、 足の裏に皮がもう一枚かぶさったみたいな足裏の違和感を感じる・・・ こういった違和感を感じる方は、主に末梢神経の病気が原因と考えられます。 また、骨のずれから来る足の違和感を感じる方もいらっしゃるようです。 末端神経からくる多発神経炎は、多発ニューロパチーと呼ばれることもあり、末梢神経が左右対称に冒される病気です。近年日本では、糖尿病患者が増加しておりそれに併せて、糖尿病性多発ニューロパチー患者が増える傾向にあるようです。足裏の違和感や痛みの症状がでている場合は、糖尿病の合併を調べることも効果的なようです。

◇どんな場合に起こりやすいの??

足裏の違和感が多発神経炎によって引き起こされているのであれば、糖尿病の他にも、原因といてさまざまな可能性があります。たとえば、以下のような可能性も考えられます。

・血管炎や膠原病、ビタミンB1の欠乏
・人工透析や胃の手術、はしかや風疹の予防接種
・偏食、アルコールの大量摂取

※時には、農薬や工場などで使われる有毒な薬剤による中毒が原因となっている場合もあるようです。

◇症状がつづく場合は?

足裏の違和感を感じている場合、原因や症状にあわせて何科にみてもらえばいいのか異なります。
足の裏がジンジンする、ムズムズする、ビリビリするなどの違和感を感じている場合は多発神経炎という病気の可能性がありますので、神経内科を受診することをお勧めします。
末端神経以外にも、「首の骨・頚骨のずれ」によって足裏の違和感が引き起こされることもあるようです。この場合は、神経内科を受診しても足裏の違和感の原因が解明できないので、そういった場合は整形外科を受診することをおすすめします。

ページトップへ

Advertising

Copyright (C) 足裏の違和感改善Navi All Rights Reserved.